敏感肌化粧品の選び方

敏感肌を治すには微弱炎症を抑えることが重要

敏感肌は、肌の水分量が極端に減少し、肌がとても弱っている状態。

 

スキンケアで保湿成分を与えて、早急にお肌を刺激から守るバリア機能を回復させなければいけません。

 

しかし、敏感肌の場合、肌の内部で微弱炎症を繰り返しているため、通常の保湿化粧品や肌にやさしいと言われている無添加化粧品などでは、お肌の修復が追いついていけません。

 

ですので、敏感肌の方には抗炎症成分と保湿力の高いセラミドが配合されている化粧品が最適。こうした敏感肌化粧品は、刺激を抑えられるだけでなく、肌を健康な状態に戻していくことができます。

 

敏感肌に適した化粧品で、お肌を根本的に回復していきましょう!

 

敏感肌化粧品ランキング

アヤナスの特徴

普通肌よりも老化が進みやすい敏感肌のために作られた、敏感肌専用のエイジングケア『アヤナス』。
抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム、そして通常のセラミドの4倍の浸透力を持つ、高浸透保湿成分『ヒト型ナノセラミド』を配合しています。
角質の奥深くまで浸透することで乱れた角質を整え、ターンオーバーのサイクルを正常化。
肌の生まれ変わりをサポートし、しなやかでハリのある健康な肌へ導きます。
敏感肌のエイジングケアを叶えた『攻めのスキンケア』と言えるでしょう。

価格 1,480(税込)円
評価 評価5
備考 無料

 

サエルの特徴

今までありそうでなかった敏感肌専用の美白スキンケア『サエル』が、『ディセンシア』から誕生しました。
『ヒト型ナノセラミド』配合で角質の水分保持を高め、角質層のバリア機能をサポートします。
オリジナル成分『エスクレシド』や『セイヨウノコギリソウエキス』がメラニンの生成を抑え、『ムラサキシキブエキス』がメラニンの酸化を抑制。
ビタミンC誘導体がメラニンを還元し、シミ・くすみに働きかけます。
敏感肌でも安心して使える美白スキンケアです。

価格 1,480(税込)円
評価 評価4.5
備考 無料

 

ヒフミドの特徴

乾燥肌や年齢肌が不足しやすい『セラミド』を補うために、『人型セラミド』を配合しました。
3つの『人型セラミドT・U・V』で角質層の奥まで水分を浸透させます。
バリア機能と水分保持力をアップさせ、肌の内側からうるおいをサポートします。
肌本来の活力を取り戻し、若々しく元気な肌へ。
無香料・無着色・パラベンフリー・エタノールフリーで肌に刺激になるものは使用していません。
アレルギーテスト・スティンギングテスト済みです。

価格 980(税込)円
評価 評価4
備考 無料

 

つつむの特徴

POLA研究所と大手製薬会社との共同研究によって誕生した『ヴァイタサイクルヴェールR』がバリアの膜を作り、水分の蒸発を防ぎ保湿力を高め、紫外線・ホコリ・乾燥などアレルゲンを完全にブロック。
さらに人の肌と同じ型の『人型ナノセラミド』を配合することで、低下したバリア機能を改善すると同時に、肌のすみずみまでうるおいを与えてくれます。
低刺激で肌に優しいだけではなく、しっかり効果を実感することが出来るスキンケアです。

価格 1,470(税込)円
評価 評価3.5
備考 無料

 

シュセラモイストゲルの特徴

セラミドにも色々な種類がありますが、世界初『天然ヒト型セラミド』を配合。
『天然ヒト型セラミド』は他のセラミドと比べて、圧倒的な水分保持力を誇ります。
同時に通常の2倍の保水力を持つ『スーパーヒアルロン酸』、高い浸透力の『加水分解コラーゲン』などの美容成分をたっぷり贅沢に配合しました。
今までのオールインワン化粧品ではなかなか実現できなかった、『敏感肌でも効果を実感できるオールインワン化粧品』なのです。

価格 4,290(税込円
評価 評価3
備考 送料540円

 

化粧品で起こる肌トラブルを防ぐには

敏感肌の方は、化粧品を使うとかゆみや刺激、かぶれが出たりして、なかなか自分に合う化粧品が見つからないもの。

 

肌にやさしいという化粧品をいざ使ってみると、肌トラブルを起こしてしまうということもあります。

 

肌トラブルを未然に防止するための3つのポイントをご紹介します。

 

肌トラブルを起こした化粧品の成分をチェック

 

そんな方は、まず肌トラブルを起こしてしまった化粧品の成分をしっかりチェックしておくことが大切。

 

人によって刺激を感じる成分は違うので、疑わしい成分が配合されたものは使用を控えましょう。

 

パッチテストを行う

 

また、パッチテストも行っておくと安心。パッチテストは、二の腕の内側部分に化粧品を塗ってみて、2日間の間、様子を見るテストのことをいいます。

 

サンプルをもらったり、返金保証の付いたトライアルセットでパッチテストを行うようにしておくと、未然に肌トラブルを防ぐことができます。

 

アレルギーテスト済みと記載のある化粧品を選ぶ
  • パッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み

※すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。

 

こうした表示があるものは、メーカーがアレルギーテストを行ったことを示している化粧品です。

 

何人かの被験者に一定期間、繰り返しパッチテストを行った上で販売しています。文字どおり、すべての方にアレルギー反応が出ないというわけではありませんが、購入する際の目安にしてください。

 

敏感肌スキンケアの基本

 

敏感肌の方は人一倍スキンケアに気をつけなければなりません。

 

敏感肌ですと、乾燥はニキビや肌荒れの原因になり、かといって、過剰な保湿で肌を甘やかしてしまうと、バリア機能が低下するからです。

 

ここでは敏感肌の方にあったスキンケア法を紹介していきます。

 

敏感肌の方の洗顔法

 

敏感肌で気を付けなければいけないのは、洗顔方法です。

 

肌にあった敏感肌化粧品を使っていても、洗顔の方法が悪ければ、肌の状態はどんどん悪化していきます。

 

まずは洗顔料の選び方です。洗顔料を選ぶ際、洗浄力の強いものは避けましょう。

 

合成界面活性剤などが入っているような強い洗顔料を使うと、必要な角質まで落としてしまうため、それが肌荒れを引き起こしてしまうからです。

 

ですから無添加の肌に優しい固形石鹸を使うといいでしょう。それでも肌が荒れるようでしたら、ぬるま湯のみの洗顔にすることも一つの方法です。

 

敏感肌の保湿

 

保湿剤を選ぶ時も十分に気を使いましょう。

 

化粧水はなるべくオイルフリー、アルコールフリーで無添加のものを選びましょう。

 

アルコールは揮発性のため、乾燥を招きますし、オイルはニキビのもとになるからです。

 

化粧水をつけたら、その水分を逃がさないために乳液やオイルで蓋をしましょう。

 

乳液を使うのでしたら、化粧水同様、オイルフリーでアルコールフリーのものを使うといいでしょう。

 

オイルでしたら、ホホバオイルがお勧めです。ホホバオイルは酸化しづらく、バクテリアの侵入を防ぎ、殺菌作用があるので、ニキビにも効果が期待できるからです。

 

敏感肌レベル別のケア方法

 

季節の変わり目は肌が不調になりがちです。

 

「肌が乾燥してカサカサ」「吹き出物ができやすい」といった変化があったら、それは肌が敏感に傾いている合図です。

 

肌が敏感になった時は、症状のレベル別でケアを変えるのが効果的です。

 

症状が軽度の場合のケア方法

 

「メイクののりが悪い」「保湿しても乾燥する」など、症状が軽度の場合は、敏感肌化粧品の中でもクレンジングと洗顔に気をつけましょう。

 

潤いをキープしながら汚れを落とすケアをすることで、肌を健康な状態に戻すことができます。

 

洗浄力が高いクレンジングや洗顔はNG。

 

クレンジングは保湿力が高いミルクタイプ、洗顔は洗浄力が穏やかなアミノ酸系のタイプがおすすめです。

 

中程度の症状がある場合のケア方法

 

さらに肌が敏感になってしまうと、「肌がごわごわする」「普段使用している敏感肌化粧品に刺激を感じてしまう」といった症状が出てきます。

 

これらの症状が出た時は、保湿アイテムを変えてケアしましょう。

 

保湿には、油分の多いバームやクリームがおすすめです。

 

これらの油分が多いアイテムは、肌の水分の蒸発を防いでくれる効果があります。

 

使用する時は手のひらでやさしく伸ばし、手のひらで顔全体を包み込んでハンドプレスします。

 

手の温度により肌に馴染みやすくなり、保湿効果も上がります。

 

重度の症状が出た場合のケア方法

 

「肌が赤くなった」「かゆみを感じる」といった重度の症状が出ている時は、炎症を抑えることを一番に考えましょう。

 

冷やしたタオルで肌を鎮静化した後、バームやクリームをたっぷり塗って肌を保護し、症状が治まるのを待ちましょう。

 

多くのアイテムを使用するのは刺激の原因になるので、保湿はこのアイテムだけでOKです。

 

極力肌への刺激を抑えることを一番に考え、他のスキンケアは症状が落ち着いてから使用しましょう。

 

症状が落ち着かない時は、皮膚科を受診することをおすすめします。

敏感肌と環境の変化の関係

敏感肌トラブルが起こりやすいのは、環境の変化が大きな原因です。

 

肌の状態はサーカディアンリズム(体内時計にコントロールされる睡眠、覚せい、体温、血圧などのリズム)の影響を受けていて、健康で美しい肌のためには規則正しく生活することがとても大切です。

 

けれども忙しい日々のなかでは同じリズムをキープし続けるのは難しいことです。

 

さらに、温度や湿度、紫外線量、着用する衣服などの外的環境も変化するなど、季節の変わり目は肌を取り巻く環境が特に不安定になります。

 

そして、環境の変化は肌のPHバランス(酸性とアルカリ性のバランス)を狂わせます。

 

肌がアルカリ性に傾くと、水分保持機能とバリア機能が低下。

 

乾燥やそのほかの肌トラブルが悪化しやすくなるのです。

 

そして、肌表面に何らかの症状が表れた場合は、肌内部の乾燥はかなり進んでいるということで、そうなる前にケアしておくことが大切です。

 

敏感肌を守る入浴法

洗い方は体の外側から中心に向かって、泡で肌をなでるように洗います。

 

すすぎ方は一気にお湯をかけるのではなく、ゆっくりお湯を流しながら、手でやさしくすすぎます。

 

関節部分はきちんと伸ばして泡残りないように注意します。

 

脂っぽい・乾燥しやすい)部分を知って洗い分けをしましょう。

 

背中・胸など体の中心は皮脂腺が多く、ひじ・ひざの内側・首・わきなどのくびれの部分は、汗や汚れがたまりやすいのでやさしく洗って汚れを落としましょう。

 

逆に、かかと、ひじ、ひざなど関節の外側や、腕・すね・手の甲は、皮脂腺が少なく肌が乾燥していて荒れやすいので、洗いすぎに注意が必要です。

現代女性の敏感肌

 

現代社会においては敏感肌の人が増加傾向にありますが、実際の所敏感肌に明確な定義というのは存在しません。

 

ただ洗顔や化粧品で肌が負けてしまったり、一般の人より刺激に対してい反応しやすい肌を敏感肌を呼んでいます。

 

外部からの刺激の他にもストレスが溜まったり、食事や生活習慣によって肌が敏感な状態になってしまっているケースも多いということが出来ます。

 

また原因のひとつにアレルギーがあり紫外線や花粉といった特定のアレルゲンに肌が防衛反応を示し炎症が起こってしまいます。

 

あと肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に反応しやすくなります。

 

つまり乾燥肌が原因で敏感肌になってしまうケースもあると言えます。

 

改善方法

 

敏感肌の改善方法として最も重要なのが保湿ということが出来ます。

 

肌をしっかり保湿してやることでバリア機能がしっかり機能するようになれば外部からの刺激に過敏に反応することもなくなります。

 

また保湿成分がある洗顔石鹸を使用することをお勧めしますが、その時に出来るだけ低刺激の商品を選択しましょう。

 

さらに洗顔後は出来るだけ早く化粧水などで保湿をすることが重要ですし、敏感肌の人は化粧品を選ぶ際にも細心の注意を払ってください。

 

他にも敏感肌の改善には食事も関係していて、ターンオーバーを促進する為に緑黄色野菜と卵、あとはレバーなどをしっかり食べましょう。

 

さらに肉も野菜もバランス良く食べることが大切です。

 

>>敏感肌化粧品ランキングTOPへ戻る

 

関連サイト